一度きりのかこがわみなもフルマラソン2020~参戦記。メンバー3名が参戦!その結果は?

tetsujin
tetsujin

マイド、tetsujinデス。2020.12.20(日)、加古川みなもロードで開催された「一度きりのかこがわみなもフルマラソン2020」にサークルメンバー3名で参戦してきました。その結果は如何に…レポートさせていただきます。

 




1.一度きりのかこがわみなもフルマラソン2020の概要

1-1.コース

今回のフルマラソンのコースは加古川左岸の「みなもロード」(公認大会の加古川マラソンのコースの一部を使用)。加古川バイパス高架下がスタート&ゴールです。スタート地点から加古川を下流に2.3㌔で第一折り返し、そして、そこから上流へ8.25㌔で第二折り返し、スタート地点に戻ってきてハーフ。これを2周で42.195㌔となります。

コースはフラットで道幅も広く走りやすいです。でも殆ど風景が変わらないので退屈(応援・声援もほとんど無し)、また河川敷特有の風が吹いていてランナーを苦しめます。

1-2.イベント詳細

レースの主催者は「ランインフォ」さん(コロナ禍にも拘らずレースを開催いただき感謝です)。
レースは、フルマラソンの部・ハーフの部・10㌔の部の3部門で約500人程度の募集。スタートは9:40から、フル&ハーフで合計50人づつが、1分毎のウェーブスタートとなります。

通常のレースでは、走力の高い順でかつ、各部門ごとにスタートするのですが、今回のレースはエントリー順でフルとハーフ(50名)が同時スタート。同時にスタートするグループにどんな走力の方が居るのか、まったくわかりません…。

1-3.レースへの参戦メンバーは?

今回のレースに参戦した当サークル(HR-R)のメンバーはスタート順に、

①2組(9:41スタート)、鉄人2号「tetsujin」
②5組(9:44スタート)、鉄人11号「まっさん」
③11組(9:50スタート)、鉄人7号「たがちゃん」

なんだか、スタート時間が細かいので『ゴルフコンペ』みたい(笑)




2.私(鉄人2号)のレース展開

ここからは私のレース展開なので、興味のない方は読み飛ばしてくださいね~。

2-1.一応の目標は

今回のレースの目標は一応「3時間10分台後半」、できれば3時間15分。しかし、レース1週間前に夏場に痛めた股関節痛が再発し走れなかった…(泣)。ハーフもしくは25㌔でDNF(リタイア)もありうる状況。自分でも「走ってみないとわからない」という不安を抱えて当日の朝を迎えてしまいました。

2-2.レース前半

最近お気に入りのBCAA『ピクノレーサー)』☟を摂取し、


9:41、後発のメンバー2名に見送られてスタート。久々のレース(別大マラソン以来)なので、緊張で顔が引きつってたと思います。

最初の折り返し(2.3㌔)まではウォーミングアップのつもり(5’00″/㌔目標)。同じグループでスタートした50名がどんなペースで走るのか分からないので、自分でペースを刻むしかありません。第一折り返し地点を通過、ウォーミングアップの予定区間が終わります。ここから4’40″/㌔~4’45″/㌔のペースで走る予定。河川敷特有の風が吹くのは分かっているので、同じくらいのペースで風除けになってくれそうな人(ペースメーカーになりそうな人)を探します。

ちょっと早いかな~(4’35″/㌔)と思うけど「背番号9さん」(サッカーのユニフォーム?を着た方)に着いていくことに。

そうこうしている間に鉄人11号(まっさん)、そして鉄人7号(たがちゃん)とすれ違い元気をもらいます。この2人は私よりだんぜん走力が高いので、どこかで追いつき、追い越されるのは分かっています(あおり走行しないでね♡)。

第二折り返しを過ぎた付近で鉄人11号(まっさん)に、18㌔付近で鉄人7号(たがちゃん)に追い越されました。二人とも調子は良さそう、互いにエールを送ります。私も今日は股関節のはまり具合も良好でここまでは問題なく走れています。
そろそろ前半も終わり、お気に入り『アミノサウルスジェル』の摂取です。

2-3.レース後半

20㌔過ぎ、はい来ました、お約束のふくらはぎの痙攣です。でも今回は左(どっちでもいいですよね)。常備している「芍薬甘草湯」を摂取してすぐに治まりました。

それでもペースを落とした為、「背番号9さん」が見る見る遠ざかる(「9ちゃん、まってくれ~」心の声)。

第三折り返しの手前、メンバーとすれ違いますが、鉄人7号(たがちゃん)の様子がおかしい…。足が攣ったようです!「攣った?大丈夫⁈」と声を掛けましたが辛そう…。私の常備薬も使用済なので差し上げることも出来ず(もちろん公認大会では助力行為で失格)、互いに笑うしかない…。ちなみに私も同じくらいの地点で2回目の痙攣(笑)。ペースを落として様子見です。

もう私の前にはペースメーク&風除けになってくれそうなランナーは見当たらず、また、後発グループの早いランナーがどんどん追い抜いていきます。30㌔を過ぎてモチベーションもダウン、ボッチ走なので向い風もまともに…。自転車で風除けしてくれる神様(鉄人4号ノムさん)のような人もおらず、苦しい区間が続きます。

ゼェハー、ゼェハーしながらもようやく残り2㌔の地点。加古川マラソン(公認大会)でもお馴染みの「強風との真っ向勝負」です。もちろん強風には勝てるわけもなく5’30″/㌔までペースダウン(体力的には5’00″/㌔で走っているつもりなのに)。ここで前半にペースメーカーになってくれていた「背番号9さん」に追いつきます。「背番号9さん」も苦しそう…(ありがとう、お世話になりました)。

2-4.レースペースと心拍グラフ

左軸がペース、右軸が心拍です。気温が8℃くらいだったので、心拍は150~160で落ち着いています。ハーフ以降は「ボッチ走」、風の影響をまともに受けた影響もありペースは垂れてます。




3.マラソン大会の記録は如何に?

さて、当サークル(HR-R)から私を含め、3名のランナーがこの大会に参加させていただき、その結果は…。

全員が自己ベスト更新!

という快挙でした。

鉄人7号(たがちゃん)は、約一か月前に「大阪trialマラソン」で自己ベストを更新されたところなのに今回の大会でも更に約4分更新!あと少しでサブ3ですね

鉄人11号(まっさん)も自己ベストを約4分更新してサブ3.25達成。同じ50歳代とは思えない走力の持ち主!見習う点がたくさんあります。

ついでに、私も自己ベストを更新(ちょっとだけよ~)。

ゴール後は、支給された「おにぎり」と「パン」で糖質を補給(運動後の30分が糖質補給のゴールデンタイムです)。それと、『ファイテン メタックス ローション』でハムストリングスやふくらはぎをマッサージしてできるだけ疲れを残さないようにケアします。

4.まとめ

久々のマラソン大会でかつ、メンバーと一緒に参加できたので楽しい時間を過ごすことができました。また、大会関係者様およびボランティアの皆様に、そして色々と支えてくれている家族にも感謝です。

ランナーって「ひとりで走っているのではない」ということを再認識させていただいた大会でした。

当サークルではメンバーを募集しています。ある程度の人数になれば募集を締め切りますので、ご興味のあるかたは早い目にご連絡くださいね~ヨロシクデス。

お問合せ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({...