丹後ウルトラマラソン60K、2018~参戦記

H30.9.16、私たちのメンバーのひとり、Makちゃんが丹後で行われたウルトラマラソン60Kに参加され、無事に制限時間内に完走されました。完走おめでとうございます!!!!ご本人の後日談は以下のとおり。


前日にエントリーを済ませ、オフィシャルで申し込んだ民宿に前泊。民宿の朝食は、海の幸など沢山のご馳走が並びます。すべて残さず完食!ウルトラでガス欠にならないように、この時だけはダイエットなど関係なく、心置きなく食べまくります。9時にレースはスタート。会場までは民宿の方が送ってくれるということ。てっきり車で送ってもらえるものと思っていたのですが、なんと、漁船?でした(笑)。でも、有難い。

当日のスタートの気温は31℃と暑い!またコースは、風光明媚な日本海の光景を楽しみにしていたのですが、アップダウンも多く、距離が進む度に、どんどん体力が奪われていきます。残念ながら風景を楽しむ余裕もありません。そんな中、同じようなペースで走っている方々と会話を交わし『気を紛らわす作戦』を実行。

そうこうしているうちに、仲良くなった方が熱中症?なのか、気分を悪くされ、介抱をしながら歩いてエイドまで。「介抱を言い訳」にしながら楽しく歩きました。その方は、ドリンクを飲まれ、しばらく休まれると元気になられた様でしたので、私もレースに戻りました。

ようやく、ゴールも近づいてきた55K付近でもアップダウンが続き、心が折れかけます。そんな中、先ほど介抱した方が復活され、次のエイドで追いついて来られました。その後、二人で励ましあいながら走ることに…。ゴール直前では、途中まで、並走させてもらっていた方にも追いつき、3人で感動のゴール!

今回の丹後ウルトラは、脚だけでなく心も鍛えられる大会でした。この経験が、秋のフルマラソンで活かせるよう精進したいと心に誓いました。大会関係者、ボランティアの皆様、地元で応援いただいた皆様、そして一緒にゴールをめざしたランナーの皆様に感謝、感謝です!