マラソン情報

トレーニング方法

30Kの壁克服の練習方法Vol.3~ランニングを科学する㉑

「ガチユル走」とは、NHKのBSで放送されている「ラン×スマ」で紹介されていた練習方法。筑波大学の鍋倉教授が考案。ガチで1キロを走ると、アドレナリンを分泌されるので脂肪を分解してエネルギーに変えることが出来るらしい。ユル走は7~10Kとされていますが、20KでもOK。レースペースよりも1分くらい遅いスピードが目安です。
トレーニング方法

30Kの壁克服の練習方法Vol.2~ランニングを科学する⑳

距離を短くして集中力を高めるとともに、本数を増やし分散させることでスタミナを養う効果があります。20キロのペース走では、集中力が落ちて後半崩れてしまう(特に夏場)こともあるので、こちらの方が効果的です。1キロだと脚筋力やキック力でごまかせてしまい、短距離・中距離走的なフォームで走ってしまいがち。
トレーニング方法

30Kの壁克服の練習方法Vol.1~ランニングを科学する⑲

「30キロの壁」を克服するには、頻繁にレースペースで30キロ走を行えばいいのでしょうが、体にダメージを残し体力を消耗させてしまいます。またケガのリスクを高める恐れもあります。ケガなく安全に30キロ地点のような状態になって走り続ける。40キロ走をしなくても、フルマラソンを走り切れる免疫力のようなものを備えていく。
お役立ち情報

ウォーターローディング~ランニングを科学する⑱

今回は、「ウォーターローディング」の話です。レース前に“水”を体内に蓄えておこうという作戦です。そのメリットは、「発汗により水分を失っても、運動能力の低下を防ぐことができる」ということらしいです。人間の体の70%は水分で出来ていて、2%の水分が失われるだけで運動能力が低下するようです。
大会情報

大阪マラソン2019最新コース情報

今回からコースが変更になる大阪マラソン。最新情報をお届けします。大阪城をスタートして大阪城に戻ってくるコース。新名所がたくさん追加されており、難所の南港大橋はコースから外れています。ただ、折り返しが5回もありますのでタイムロスは仕方ないでしょうね。
お役立ち情報

ファットローディング~ランニングを科学する⑰

今回はファットローディングのお話です。ファット(fat)とは脂質のこと。つまり、レースの前に脂質を摂ることです。レース前に肉類やバターを食べたら気持ち悪くなりそうですが、筑波大学の鍋倉教授は次のようにおっしゃっています。
お役立ち情報

活性酸素を除去する食べ物~ランニングを科学する⑯

活性酸素とは体内でエネルギーを作る過程で生成する、酸化能力の強い酸素のこと。活性酸素は本来、体内に侵入した細菌やウイルスなどのの攻撃からカラダを守るための物質です。活性酸素により、ひとつの細胞がサビると、その細胞は次々にまわりの細胞を酸化させます。
お役立ち情報

筋膜リリースで足の疲れをケアする~ランニングを科学する⑮

ところで、マラソン大会を完走した後、皆さんはどのようなケアをされていますか?初めてフルマラソンを完走した後は全身が筋肉痛で普段の何気ない動作(歯磨きや洗面など)もぎこちなく、あっちこっちが痛かったように思い出します。
お役立ち情報

トイレ(小便)対策は?マラソン大会のおしっこ問題~ランニングを科学⑭

中高年ランナーの話を聞いていると、トイレ(小便)について悩まれている方が多いようです。かく言う私もこの「おしっこ問題」については悩んでいました。カフェインを控えるとかお腹を冷やさないなど色々と対策はあるようです。しかし、これらの方法を試してもダメだった方の為に参考になればと思い投稿いたします。
お役立ち情報

マラソンレース大会直前の調整方法~ランニングを科学する⑫

週末にはマラソン大会が各地で開催され、マラソンシーズンがスタートしています。もうすでにフルマラソンを完走されたランナーさ...