サングラスの効用~ランニングを科学する㉖

tetsujin梅雨明けが待ち遠しい季節になりました。ところで、皆さんはランニングの時にはサングラスはしていますか?サングラスをしている方は何故サングラスをしていますか?

実はサングラスには意味があるのです。もちろん“オシャレだから”、“まぶしさを軽減する”というのも大きな理由ですが、実はサングラスには“疲労を減らす”という重要な役割があるのです。目は紫外線を浴びると、網膜で活性酸素が発生します。この活性酸素が網膜の細胞にダメージを与えることで視神経が疲弊し、視界が悪くなります。視界が悪くなると、脳は聴覚や触覚など他からの情報をいつもの何倍も取得して補おうとするため、肉体的・精神的な疲労につながるのです。また、目から紫外線が入ると「脳下垂体などで疲労物質がでる」ことが分かってきました。よって、紫外線が目から入ることで疲労を増加させ、パフォーマンスを下げる大きな要因となります。スポーツサングラスは紫外線を遮断できるので、この悪影響を防ぐことができます。

Sponsored Links




それから、特に女性の場合、日焼けを気にされる方が多いと思います。紫外線が目から入ると脳が「メラニンを作れ」と指令を出します。脳から指令を受けた肌は、皮膚の表皮最下層の基底層にあるメラノサイトでメラニンを作り出します。結果、皮膚に紫外線が当たらなくても肌が黒くなってしまいます。肌に日焼け止めクリームを塗っているだけではダメなのです。

私の場合、眼鏡市場の「i-ATHLETEシリーズ」のサングラス兼メガネを使用しています。レンズは紫外線があたると色が濃くなり、紫外線があたらなくなると元に戻るタイプ(調光レンズ)を使用しています。勿論、UVカットされており、遠近両用です(初老なので)。

真夏はすぐそこ、すこしでもパフォーマンスを落とさないために良いサングラスをかけて快適に走りましょう。

ランナーにはグダーのサングラスが人気です。かけ心地がよく、走ってもずれにくいようです。