メンバーからのお役立ち情報

お役立ち情報

マラソン大会にどのランニングシューズを選択するか悩む、私のベスト5

tetsujin コンニチワ、tetsujinデス。ようやく夏の暑さから解放され、いよいよマラ...
お役立ち情報

暑い夏は手のひらを冷やしてランニングのパフォーマンスアップを

身体の深部体温を上下させるのに有効な(ラジエターの役割をする)箇所は、ズバリ「手のひら」、「足の裏」、「頬」なのです。真夏のランニングでは暑くてパフォーマンスがアップしない時は、手のひらを冷やすのが効率的なのです。暑熱対策グローブをデサントが商品開発する見込みです。
お役立ち情報

RUNNETクリック合戦に勝利する方法

先着順のマラソン大会に、RUNNETでエントリーしようと思っていますが、何かコツみたいなものはありますか?RUNNETでエントリーするときに、ちょっとした事前準備は必要だとおもいますよ。クリック合戦の第一関門に引っかからないよう、事前準備はしっかりとしておきましょう!
お役立ち情報

抗酸化作用や免疫力向上にはパプリカ!~ランニングを科学する㉘

パプリカの栄養素は「ビタミンC」。そして「カロテノイド」と呼ばれる色素が多く含まれています。パプリカに含まれるビタミンCはピーマンの2~3倍。(ビタミンC=「疲労回復」・「免疫力向上」、カロテノイド=「抗酸化作用」、「免疫力向上」)。
お役立ち情報

トレーニング後にプロテイン~ランニングを科学する㉗

一般的にランニングなどの運動をすると筋細胞が傷つきます。傷ついた細胞はタンパク質によって修復されますが、トレーニングの後で鶏肉などのタンパク質を食べることは難しいですよね。また、運動後45分間は栄養素の吸収率が高い「ゴールデンタイム」と言われており、筋肉へのアミノ酸(タンパク質を構成する最小単位)輸送量が3倍にアップ。
お役立ち情報

サングラスの効用~ランニングを科学する㉖

実はサングラスには意味があるのです。もちろん“オシャレだから”、“まぶしさを軽減する”というのも大きな理由ですが、実はサングラスには“疲労を減らす”という重要な役割があるのです。目は紫外線を浴びると、網膜で活性酸素が発生します。この活性酸素が網膜の細胞にダメージを与えることで視神経が疲弊し、視界が悪くなります。
お役立ち情報

2020東京オリンピックの聖火ランナーにエントリー

東京2020オリンピック聖火ランナーの1次エントリーをいたしました。当選する気がしませんが、「当たれば儲けもの」という気持ちでエントリーしました。応募には「応募宣言文(400字)」を記入する必要があります。文章力が当落をわけそうです。
お役立ち情報

夏のトレーニングは何故キツイ?~ランニングを科学する㉕

「夏のランニングがキツイと感じるのは何故か?」を考えたことはありますか。答えは、気温があがると身体を冷やそうとするので汗をかき心拍数が上がるからです。発汗の為には血液が水分を運んできます。そうすると、本来の「酸素運搬機能」が不充分になります。酸素と水分を筋肉細胞に供給しないといけないので心臓はフル稼働し心拍が上昇。
お役立ち情報

全日本マラソンランキング2019

RUNNETのHPより、2018年4月~2019年3月に開催された、日本陸連公認コースを使用する対象大会の完走記録データを集計し、男女別1歳刻みでランキングを発表されました。
お役立ち情報

ウォーターローディング~ランニングを科学する⑱

今回は、「ウォーターローディング」の話です。レース前に“水”を体内に蓄えておこうという作戦です。そのメリットは、「発汗により水分を失っても、運動能力の低下を防ぐことができる」ということらしいです。人間の体の70%は水分で出来ていて、2%の水分が失われるだけで運動能力が低下するようです。