ユリカモメ70Kウルトラマラソン2019~参戦記

tetsujinGW中盤の5月3日、武庫川河川敷で開催された「ユリカモメ70Kウルトラマラソン」に参加させて頂きました。私にとって、令和最初の大会です。

当サークルのメンバーからは、ジャッカルさん、なかくまさん、私の3名が出走。ジャッカルさんは膝に打撲痛がありながらの出走でした。

午前8時30分、気温25度の中、山手大橋付近をスタート。コースは武庫川沿に南へ2キロで折り返し、武庫川を北上。宝塚市役所手前で折り返し、スタート地点に戻って来る、この河川敷コースを(17.5キロ)4周します。体力だけでなく、精神力も試されるコースです。

私は7時間以内のゴールを目標に、5分45秒/㌔のペースでレースを進めます。折り返しの都度、メンバーさんとすれ違い、互いにエールを送り会います。15キロ付近で、見覚えのある青い幟が目に飛び込んできます。我が HR-Rの応援LSD企画のメンバーさん達、クスさん・ノムさん・きっこさんです。応援団とお会いするとお力を頂け、足の回転が速くなるから不思議ですよね。

2周目に入って暫くして、トラブル発生!右足の親指にできていた豆がつぶれた感じです。スタート前に入念にワセリンを塗ったのですが…やむなくスピードダウン。あれこれ考えているうちに、「そういえば、ポーチの中にロキソニンを入れていた」ことを思い出し、服用。暫くすると痛みも嘘のように無くなり、効果は絶大。また、5分45秒/㌔のペースで走ります。(ロキソニンの服用は自己責任でお願いします)

Sponsored Links




3周目の45キロ付近、暑さのためか今度は脹脛の痙攣です。エイドで梅干と塩を頂きますが効果は一時的です。脹脛に負担のないよう踵着地にランニングフォームを変更しスピードダウンして様子見です。差し入れ頂いたMag-on(ジェル)も投入です。 HR-Rの応援団のクスさんから「サブ7いけるよ!」とエールを頂くも足が前に出ません。

4周目に入って、最終周のタスキをかけてもらい、テンションも上がります。が、暫くすると6分/㌔のペースメーカーにも風のように抜かれ、戦意喪失…。モチベーションの上がらない、ツライ時間帯の訪れです。足は痙攣し、ロキソニンの効目も既に切れ、満身創痍。ヘトヘト状態で思い出したのが、「ここでジョミ」。先日の HR-Rの練習会で、さっさんから教えてもらったサプリの投入です。このサプリでは痛みは無くなりませんが、歩くことなく6分30/㌔で走れました。不思議と身体の底から力が湧いてくる感じです。このサプリ、フルマラソンでも使えそうです!

そうこうしてる間にゴールも見えてきて、長い1日が終わりました。連休中にもかかわらず、応援頂いた皆様、レース戦友の皆様、大会関係者、ボランティアの方々に心から感謝致します。